学びとは何か? 追手門学院大学校友会会報74号
徒然なるままに・・・。

追手門学院大学校友会会報第74号寄稿文です。

「学びとは何か?」

書物を書きたいという思いが漠然とありました。書店に自分の名前が並ぶのを想像するとうれしいものです。しかしながら、いざ書くとなると筆が進まない怠惰な自分を情けなく思いはや3年くらい経過したころ、1通のメールをみました。大学校友会からのメールです。「追大・社会人ゼミ受講生募集」とのこと。大学院ほど敷居の高いものではなく論文を書き、それを発表する場が与えられる。発表する場があるということは納期を設定してもらえるということ、すなわちいささか飛躍的ではありますがズボラでもしっかりフォローをしてもらえることが期待できます。論文の延長線上に書籍があるのだろうなとの安易な考えで願書を提出してなんと合格しました。ゼミが開始してから半年ほどたちましたが非常に実り多き時間をすごしています。論文を書くための学びはもちろんですが、同じクラスの受講生からも学ぶことが多々あります。最年長はアイパットを使いこなす79歳のご婦人です。アイフォーンのフリックがスムーズでない私とは雲泥の差があります。その他、企業経営者・NPO法人理事長など7名のバラエティー豊かな人材が集まっており、デスカッションをしていると多面的な意見がでて非常に楽しいです。学びとは何かというのを考えさせられます。現在は第2期生が受講中でまだまだ運営方法を模索中ということもあり、決まりごとが少なく自由度が高いです。

みなさんも一度、検討をしてみては?

 経済学部経営学科 第29期生 鈴木圭史

カテゴリ:追手門学院大学 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0)
追大若手会 同窓会開催
徒然なるままに・・・。

9月3日(土曜)に追手門学院大学の卒業生を対象とした交流会が開催されます。
今回はその第二弾です。
第1部と第2部に分かれています。
何が異なるかというとお酒が入るかどうかです。

詳細は ↓ にて。
2~3ヵ月に1回くらいやろうと計画中です。

参加希望者は当職若しくは田中までメールにてご連絡をください。
第一回目は10名ほどで開催しました。
下は23歳で上は37歳でした。

ちなみに幹事は 第30期の田中克茂(一級建築士)くんです。
自身で株式会社アンビエンテという設計事務所を運営しています。
文系の総合大学である追大で理系の建築士をやっている変わり種です。

JUGEMテーマ:学問・学校
カテゴリ:追手門学院大学 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0)
追手門学院大学 一級建築士 住宅・内装工事
 徒然なるままに・・・。

今回はうちの母校である追手門学院大学の後輩についてです。
大学時代によく、あ酒を飲みにいった仲間です。
昔から何をやるにも前面にでるしやり手でした。

1999年卒業の第30期の田中克茂(一級建築士)くんです。
自分で株式会社アンビエンテという設計事務所を運営しています。
文系の総合大学である追大で理系の士業である建築士をやっている変わり種です。
京都・滋賀・大阪がテリトリーです。

うちの事務所は飲食店などの立上からお手伝いをすることもあります。
大阪以外は彼の事務所にお願をするようにしています。
建築士の範囲である建築基準法と社労士の範囲である安全衛生法は微妙に絡む分野でもありますし。
学ぶことが非常に多いですよ。

もし、追手門学院大学の卒業生で内装工事・住宅の建築などがありましたご一報ください。
ご紹介をさせて頂きます。
母校の話をしつつ、仕事の話もできれば、通常よりも更に良い仕事ができそうですね。
カテゴリ:追手門学院大学 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0)
追手門学院大学 卒業生若手交流会の開催のご案内
 徒然なるままに・・・。

6月25日(土曜)に追手門学院大学の卒業生を対象とした交流会が開催されます。
第1部と第2部に分かれています。
何が異なるかというとお酒が入るかどうかです。

詳細は ↓ にて。
2~3ヵ月に1回くらいやろうと計画中です。

ちなみに幹事は 第30期の田中克茂(一級建築士)くんです。
自分で株式会社アンビエンテという設計事務所を運営しています。
文系の総合大学である追大で理系の建築士をやっている変わり種です。
カテゴリ:追手門学院大学 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0)
2010年 追手門学院大学 卒業式
徒然なるままに・・・。

追手門学院大学の卒業式に来賓として参加しました。
校友会(OB会)の評議員という職を拝命しておりますのでその関係でお声をかけて頂きました。
おごそか(?)な卒業式とワイワイガヤガヤの謝恩会。
震災の被災者のみなさまの1日も早い復興を祈りながら。

在校生と校友会の交流会のときに一緒に話をした子たちと話が出来て良かったし、
講義を受講してくれた人たちとも話ができました。
学ぶことも多く実り多い時間でしたよ。

ちなみに一気飲みをする人はいませんでした。笑。
元気ですが、マナーの多い学生がたくさんいました。



JUGEMテーマ:ニュース
カテゴリ:追手門学院大学 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/3PAGES | >>