<< 朝会ドラフト Ver.帝国ホテル 〜朝食会@大阪〜 | main | 整理解雇の4要件(要素) リストラ策 >>
構内製造請負 (職業安定法施行規則第4条 労働省告示37号)
徒然なるままに・・・。

製造業の構内請負事業でいつも話題になる表題の件です。

 嵜Χ醗堕衙〇楾垉則第4条」は労働者供給と請負の違いを示したもの。
◆崗赦贈僑映労働省告示第37号」は労働者派遣と請負の違いを示したもの。

これを念頭に監督官庁は調査を行います。
偽装請負・偽装出向・2重派遣・多重派遣などに関する調査です。
内容を読んでもらえればわかると思いますが、意味がわかりにくい。
また、官庁がどの水準を求めているのかがその時のトレンドにより異なる。

とても運営者側(国民)に取っては不明確な内容となっています。
ただ、固定費(人件費)を抱えたくない企業側の要望もあます。

製造業の構内請負の需要は著しく高いものと言わざるを得ません。
また、不明確であるがゆえに請負労働者より直接雇用を求める訴訟を起こされることが多いです。

大きな需要があるのに法整備が遅れているために国民が不利益を被っている。
この状態を早く整備してほしいものです。
願わくば「構内請負法制」を立法し、日本の製造業を守ってほしいと考えます。
にほんブログ村ランキング参加中 GreenDays
カテゴリ:業務請負事業 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1301601
トラックバック