<< 自分をヤフオクへ出品してみました。 | main | 朝活@大阪 リッツカールトン大阪 / 読書会 >>
労働保険には必ず加入しましょう。
徒然なるままに・・・。

事業主は、労働に伴う負傷や疾病、失業などの不慮の事態に備えるため、従業員(パート・アルバイトを含みます)を1人でも雇用していれば、労働保険に加入する必要があります。

労働保険とは「労働者災害補償保険(労災保険)」と「雇用保険」の総称で、事業主は労働保険の加入手続きを行って、保険料を納付しなければなりません。
労災保険料は事業主が全額負担、雇用保険料は事業主・労働者双方で負担します。
手続きをしていない事業主の方は、速やかに加入の手続きを行ってください。

 【労働保険の制度・手続きについて】
  https://krs.bz/roumu/c?c=858&m=1813&v=b55bf5a8

 労働保険の手続きは、電子申請でも行うことができます。
 【電子申請について】
  https://krs.bz/roumu/c?c=859&m=1813&v=347e908f

労災保険はすべての従業員に適用されますが、雇用保険の適用範囲は次の通りです。

  ・31日以上の雇用見込みがあること
  ・1週間の所定労働時間が20時間以上であること

いずれにも当てはまる従業員がいる場合は、雇用保険に加入する必要があります。

※雇用保険の適用範囲が「6カ月以上の雇用見込み」から「31日以上の雇用見込み」へと拡大されていますので、ご注意ください。

 【雇用保険の適用拡大について】
  https://krs.bz/roumu/c?c=860&m=1813&v=52bb7f45

未加入の従業員がいる場合には、速やかに手続きをするようにしましょう。
カテゴリ:実務・事例 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック