<< 大阪府議会議員のバッチ 徽章 | main | 外国人雇用マニュアル >>
議員事務所で秘書等を雇うときは労災保険に加入する必要があります。
 徒然なるままに・・・。

統一地方選挙のシーズンも一段落しましたね。
新人議員のみなさまは秘書などをご検討なされていると思料します。

忘れがちなのは「労働保険の加入」です。
労働保険というやつは「労災保険」と「雇用保険」を総称したものです。
法律による義務で特に前者は1人でも1時間でも労働者として使用すると加入の義務が発生します。
議員・選挙事務所でも当然にです。
原則は人を雇い入れた日より10日以内に加入処理をすることが求められています。

労働保険への加入事業者については以下で検索することができますのでねんのため。

お問合せを頂きましたら迅速に対応しますのでお気軽に。
すでに10日経過している場合も対応策もケースバイケースで検討します。

ちなみにここでいう労災保険というやつは労働者(秘書など)が加入します。
議員本人は別の法律(条例など)にて適用されることになりますのでお気軽にお問合せ下さい。

JUGEMテーマ:ニュース
カテゴリ:実務・事例 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425419
トラックバック