<< 追大若手会 同窓会開催 | main | 2億円の助成金(同意雇用機会増大地域における特別の措置) >>
助成金の経理処理と経常利益率と損益計算書へのインパクト
 徒然なるままに・・・。

助成金の経理処理については「 雑収入 」で処理されるのが一般的です。
では、経常する時期ですが、支給決定通知が送付れてきてそこに書かれている日付けで処理します。
私の経験則上、助成金は支給決定通知が会社に到達するころに助成金が入金されることが多いです。
結果、入金日で処理せざるを得ないということになります。

ところで助成金が入金されると、経常利益が増えます。
これを売上高に換算する(経常利益率を10%と仮定する)と助成金価格の約10倍の売上を計上したのと同様の効果が生まれます。

例えば、12万円が支給される助成金の場合においては資金繰り的には12万円ですが。
直近の経常利益率が約4%だとして計算すると「12万円÷4%は約300万円」です。
よって、売上を300万円計上したのと同様の効果が損益計算書上現れることとなります。
現状の営業活動で300万円を新たに上げることの大変さを考えると・・・。

「経常利益率の観点から助成金を検討する」という考えもいれると違った側面が見えてきますよ。

JUGEMテーマ:ビジネス
カテゴリ:税金の話 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425435
トラックバック