<< 助成金・補助金情報 | main | 労働契約書 雇用契約書 労働基準法 第15条 >>
賃金台帳 労働基準法第108条
今回は、《賃金台帳》について書かせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
《賃金台帳》
事業主の皆さんは、賃金台帳を必ず作成しなければなりません。
労働基準法では、次のように書かれています。
 
労働基準法  108
「使用者は、各事業場ごとに賃金台帳を調製し、賃金計算の基礎となる事項
 及び賃金の額その他厚生労働省令で定める事項を

 賃金支払の都度遅滞なく記入しなければならない。」
 
このように事業場ごと、労働者ごとに作成をし、
賃金を支払う度に遅滞なく記入をすることが定められています。
 
《何を書けばいいか???》
では、何を記入するかですが・・・
  …其盂
  ∋疚
  性別←(作成する際に「性別欄」が
            抜けていることが多いのでお忘れなく!!)
  つ其盞彁惨間
  ハ働日数
  ο働時間数
  Щ間外労働、休日労働及び深夜労働の労働時間数
  ┫靄楜襦⊆蠹その他の賃金の種類ごとにその金額
  労使協定により賃金の一部を控除した場合は、その金額
 
《様式は???》
上記の項目を記入していれば、
労働者名簿と同様で任意の様式で構いません。
厚生労働省のHPに様式がアップされていますが
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken01/pdf/d.pdf) 
ネットで検索してみると、多くの様式がアップされています。
記入しやすく、わかりやすいものを使ってみてはいかがでしょうか。
 
《作成後は???》
作成した賃金台帳は、最後の記入をした日から3年間保存しなければなりません。
カテゴリ:労働関連法 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425728
トラックバック