<< 賃金 支払い 労働基準法(第11条・第24条)   | main | 補助金・助成金 情報 >>
平均賃金 最低保障 計算  労働基準法 第12条  
JUGEMテーマ:ビジネス
今回は、平均賃金について書かせていただきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《平均賃金とは》
●労働者の生活を保護するために休業手当や、解雇予告手当を支払う場合があります。
そのような場合、手当の金額の算出に必要になるのが「平均賃金」です。
 
平均賃金の計算方法は労働基準法で次のように書かれています。
   労働基準法 第12条
   「この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前三箇月間
    その労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。
 
●原則的な計算方法
平均賃金=
 (事由発生日以前3カ月に支払われた賃金総額)÷(事由発生日以前3カ月の総日数)
 
  ポイント
  ‐鯤犬任蓮峪由の発生した日以前」となっていますが、前日を起算日とします。
 
  賃金締切日がある場合、起算日はその前月の締切日になります。
           (例:毎月20日締め 事由発生日 6月10日⇒起算日5月20日)
  8柩儡間が3カ月に満たない場合の計算期間は、雇い入れ後の期間です。

  ち未満の端数は切り捨てで構いません。
  
《最低保障》
賃金が日給制、時間給制で算定され、出来高制、請負制で定められている場合は
下記の方法で計算します。

 賃金が日給制、時間給制、出来高制、請負制の場合(12条1項1号)

 最低保障額=
 (事由発生日以前3カ月に支払われた賃金総額)÷(事由発生日以前3カ月の労働した日数)
  ×60/100

 
賃金の一部が月、週やその他一定の期間で定められている場合(12条1項2号)
 最低保障額=
 (その部分の賃金総額)÷(その期間の日数)+上記,龍盂
 
★平均賃金の原則的な計算方法で算出した額と、最低保障額を比べ、
 金額の高い方を平均賃金とします。

 

 
カテゴリ:労働関連法 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425737
トラックバック