<< 改正派遣法(平成27年)期間制限の巻 | main | 改正派遣法(平成27年)キャリアアップの巻 >>
改正派遣法(平成27年)雇用安定措置の巻
【Q4】 雇用安定措置は施行日(平成27930日)より前に締結された労働者派遣契約に基づき派遣される派遣労働者に対しても適用されるのか。
【A4】 施行日より前に締結された労働者派遣契約に基づき就業している派遣労働者については、労働者派遣法第30条第1項の努力義務の対象にはなり得る。具体的には、労働者派遣法施行規則第25条第3項及び4項の規定により、改正法施行前から派遣元事業主と通算して1年以上の労働契約を締結していた派遣労働者及び派遣労働者として雇用しようとする者(登録中の者を含む)については、施行日より前に締結された労働者派遣契約に基づき就業している場合であっても、雇用安定措置の努力義務の対象となる。
 一方、施行日より前に締結された労働者派遣契約に基づき就業している間は、雇用安定措置が義務となることはない。

【Q5】 雇用安定措置のうち、派遣元での無期雇用転換について、派遣元が就業規則等により、一律に試験を課し、試験合格者のみを無期雇用労働者として雇用するということを定めていた場合、当該試験の不合格者に対して雇用安定措置を講じたといえるのか。
【A5】 試験の合格者のみを無期雇用労働者として雇用することは妨げられない。試験に合格し、無期雇用労働者とした者については雇用安定措置を講じたことになるが、結果として不合格になった者については、試験の水準如何に関わらず雇用安定措置を講じたとはいえず、別の措置を講ずる必要がある。

以下、参考資料です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000111089.html
 
JUGEMテーマ:ビジネス
カテゴリ:労働者派遣事業 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425760
トラックバック