<< 製造業務専門派遣「元」責任者について | main | 改正派遣法(平成27年)Q&A第2集 旧法の経過措置等関係の巻 >>
製造業務専門派遣「先」責任者について
JUGEMテーマ:ビジネス

製造業務専門派遣先責任者について書いていきます。

●製造業務派遣先責任者
派遣先責任者の場合は派遣元と同様に、製造業務に従事する派遣労働者を専門に担当する「製造業務専門
派遣先責任者」を選任しなければなりません。(派遣法第41条、派遣則第34条)

選任数→製造業務に従事する派遣労働者数が100人以下につき1人以上選任します。
    。毅或涌焚爾両豺腓倭任する必要はありません。
        →51人以上から選任しなければなりません。 
        (※ただ、50人以下であっても派遣労働者の安全性を確保する上で製造業務専門派遣
                          先責任者を選任することが望ましいです。)
    
    ■毅或涌焚爾両豺腓砲歪名錣稜標先責任者が製造業務に従事する派遣労働者を含めて担当

    製造業務の派遣先責任者のうち、1人は製造業務以外の派遣先責任者と兼務できます

    だ渋ざ般海防嫂錣垢覿般海暴昌する派遣労働者も合わせて担当することができます
     →製造業務の派遣先責任者は、安全衛生上必要な場合に製造業務の派遣労働者と合わせて、
      製造業務に付随する製造以外の業務(=製造付随業務)を行う派遣労働者を担当できます。
      製造付随業務とは、組立て等の完了した製品を運搬、保管、包装する業務などです。
         (※ただし、派遣労働者の合計数が100人を超えない範囲で)

事例 收渋ざ般械械或諭△修梁召龍般械横僑或佑両豺隋
    最低選任3人

      製造業務専門派遣先責任者→0人
      その他の派遣先責任者→3人

               製造業務の人数が50人以上でないため専門の派遣先責任者は必要ありません。

              
事例◆收渋ざ般械隠毅或諭∪渋ざ般海防嫂錣垢訐渋ぐ奮阿龍般械毅或諭△修梁召龍般械毅或佑両豺隋
    最低選任3人
      製造業務専門派遣先責任者→2人(製造業務150人製造付随業務50人を2人で担当。)
      その他の派遣先責任者→1人(その他の業務50人を1人で担当。)


事例【製造業務220人、製造業務に付随する製造以外の業務80人、その他の業務50人の場合】
    最低選任4人
      製造業務専門派遣先責任者→3人
     その他の派遣先責任者→1人

     
事例ぁ收渋ざ般械械毅或諭∪渋ざ般海防嫂錣垢訐渋ぐ奮阿龍般械僑或諭△修梁召龍般械毅或佑両豺隋
    最低選任5人
      製造業務専門派遣先責任者→5人
     その他の派遣先責任者→1人(製造の責任者5人の内、1人が兼務できる)


             その他の業務50人については、製造専門派遣先責任者5人の内1人が兼務して担当します。
カテゴリ:ドラフト | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425771
トラックバック