<< 求人の件 2017年卒業予定者又は第二新卒 社労士事務所 | main | 改正派遣法(平成27年)Q&A第2集 期間制限関係の巻 その2 >>
改正派遣法(平成27年)Q&A第2集 期間制限関係の巻 その1
JUGEMテーマ:ビジネス

Q6】 派遣先の事業所単位の期間制限について、「事業所」とは雇用保険の適用事業所と同一であるというが、労働基準関係法令の「事業場」との関係はどうか。 
【A6】 雇用保険法における事業所の判断は、原則として次のいずれにも該当する場合に「事業所」として判断している。
 1 場所的に他の(主たる)事業所から独立していること。
 2 経営(又は業務)単位としてある程度の独立性を有すること。
  すなわち、人事、経理、経営(又は業務)上の指導監督、労働の態様等においてある程度の独立性を有すること。
 3 一定期間継続し、施設としての持続性を有すること。
 また、その判断に当たっては「(雇用保険の)事業所の単位と(労働保険)徴収法施行規則上の事業場の単位(徴収法による適用徴収事務の処理単位)は、原則として一致すべきものであるから、一の事業所と認められるか否かの判断に当たっては、徴収法施行規則上の事業場の単位との関連について十分留意する必要がある。」(業務取扱要領(雇用保険適用関係)22002(2))としている。
ただし、例えば、労働安全衛生法では同一の場所にあっても、著しく労働の態様を異にする部門がある場合には、その部門を主たる部門から切り離して別個の事業場としてとらえる場合もあるなど、各法令により事業場と事業所に係る判断が異なる場合もある。


【Q7】 派遣先の事業所単位の期間制限について、この「事業所」とは、雇用保険の適用事業所に関する考え方と基本的に同一であるというが、雇用保険の非該当承認を受けている事業所の扱いはどうか。 
【A7】 雇用保険での事業所非該当承認を受けているということは、一の事業所としての独立性を有していないことを派遣先自ら認めていることを意味するため、原則、新法の期間制限を受ける事業所単位の事業所としては認められない。こうした一の事業所としての独立性がないものについては、直近上位の組織に包括して全体を一の事業所として取り扱うこととなる。

【Q8】 雇用保険の適用事業所とはなっているが、現在はパートタイム労働者が1〜2名といった事業所についても事業所単位の期間制限に係る「事業所」となるのか。 
【A8】 パートタイム労働者が数名しかいない事業所であっても、雇用保険の適用事業所である限り、事業所単位の期間制限に係る「事業所」と判断することになる(もし、事業所として独立性を有していないということであれば、非該当承認の申請をして、直近上位の組織に包括して全体を一の事業所として取り扱うこととする手続を行う必要がある。)。

【Q9】 有期雇用と無期雇用の派遣労働者を受け入れていた派遣先において、途中から無期雇用の派遣労働者のみになり、最後の有期雇用の派遣労働者の派遣終了から3か月を超える期間が経過した場合、事業所単位の期間制限が引き続いていないものとみなして良いか。 
【A9】 期間制限は法第40条の2第1項各号以外の労働者派遣に適用される。
 有期雇用と無期雇用の派遣労働者が混在している事業所において、無期雇用の派遣労働者のみになった場合、有期雇用の派遣労働者の労働者派遣の終了後3か月を超えた時点で、当該終了した有期雇用の派遣労働者の労働者派遣は、その後受け入れる労働者派遣と継続しているとはみなさないこととなる。 


下記、参考資料です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000118814.html

カテゴリ:労働者派遣事業 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425778
トラックバック