<< 改正派遣法(平成27年)Q&A第2集 社会保険の加入状況の確認関係の巻 | main | モデルをAVに派遣、派遣法違反 >>
熊本大分・応援の方法 (ふるさと納税)
JUGEMテーマ:ビジネス

 平成28年4月14日以降、熊本県・大分県で発生した地震の被害によりお亡くなりになられた方に謹んでお悔やみを申し上げますととともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
 
 今回担当の私は大阪にいるのですが、学生のころに阪神淡路大震災を経験しました。被害状況が大きくない地域にいたので一応は大丈夫でしたが、震災の翌日に無理やり学校へ行った時の校舎の強烈なひび割れをみて、なんというか「怖かった」というのが記憶に鮮明に残っています。
 
 どこに住んでいてもこの「怖かった」から完全に逃れることが出来ないですね。
たまたま、熊本。たまたま、神戸。たまたま、●●
 報道をみていると「普段の当たり前がいかに幸せ」であるかを痛感します。
 
 ところで復興支援で一番よく耳にするのが、寄付することです。様々な団体がいろいろな形式で寄付を募っているので迷いますね。それぞれの寄付はどれも適正なのでしょうけど、最もダイレクトな寄付が「 ふるさと納税 http://www.furusato-tax.jp/ 」というやつです。
 
 簡単にいうと、自身が居住している県市民税(住民税)を自身が居住しているところに納付するのではなく、任意で選んだ場所に納付をすることが出来る制度です。
 大阪府在住の私が熊本県に納付することができます。大阪府へ納付する分は減るけど、その代わりに熊本県に納付するよという趣旨です。どちらにせよ、給与天引きされるものを被災地にという考えかたです。
 納付金額によっては豪華なプレゼントがもらえるケースもあるので詳細はHPをご参照ください。
 
 政府もみんなも何とか知恵を絞って復興を計画しています。
なかなか歩みが遅いように見えますが、気持ちをしっかりもって日々をのりきってください。
カテゴリ:税金の話 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greendays.draft-sr.com/trackback/1425795
トラックバック