助成金情報
 お世話様になります。
ドラフト労務管理事務所 です。
http://www.draft-sr.com/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 高年齢者雇用開発特別奨励金
A-2 中小企業労働環境向上助成金(団体助成コース)

■ 財団法人助成金情報
B-1 ボランティアグループ等が行う事業への助成
B-2 三井物産環境基金

■ 経営お役立ち情報
C-1 戦略的基盤技術高度化支援事業(補助金)
C-2 地域商店街活性化事業(助成金)
C-3 消費税の転嫁拒否等に関する大規模な調査を開始

■ IT関連情報
D-1 メールアドレス、メールデータの引越し  Xp→Win7
D-2 「お気に入り」の引越し
D-3 2014年版 情報セキュリティ10大脅威

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 高年齢者雇用開発特別奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により雇い入れた事業主が
受給できます。


▼受給額
短時間労働者以外の人 → 90万円
短時間労働者 → 60万円

「短時間労働者」とは、一週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の人


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業の事業主であること。
(2) 65歳以上の離職者を雇用すること。
(3) 1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者であること。


▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/tokutei_kounenrei.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 中小企業労働環境向上助成金(団体助成コース)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
健康・環境・農林漁業分野等の事業を営む中小企業を構成員とする事業協同
組合等が、傘下の事業者の人材確保や従業員の職場定着を支援するために
一定の事業を行った場合、それに要した費用の一部が受給できます。


▼受給額
実施費用×2/3 

限度額
大規模認定組合等(500社以上) → 1000万円
中規模認定組合等(100〜499社) → 800万円
小規模認定組合等(100社未満) → 600万円


▼主な受給要件
(1) 改善計画を作成し、都道府県知事の認定を受けた事業協同組合等であること
(2) 健康・環境・農林漁業分野等の事業を営む中小企業を構成員として含む組合
  等であること
(3) 中小企業労働環境向上事業を行うこと


▼中小企業労働環境向上事業とは
(1) 計画策定・調査事業
(2) 安定的雇用確保事業
(3) 職場定着事業
(4) モデル事業普及活動事業


▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/roudou_dantai.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 ボランティアグループ等が行う事業への助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
ボランティアグループ等が、在宅高齢者または在宅障害者等のために福祉活動
や文化活動および復興支援を行うために必要な費用または機器、機材、備品等
を整備するための費用を助成します。


▼受給額
1件 10万円〜50万円  合計2,000万円


▼対象となる事業または費用
(1) 在宅高齢者または在宅障害者の自助・自立の意欲を引き出し、または鼓舞
  する等その生活の支援に必要な事業・費用
(2) 在宅高齢者または在宅障害者の福祉に関する事業をするために必要な機器、
  機材、備品等を整備する事業・費用(補助犬等の動物、及び植物を含む)


▼受給具体例
(1) 被災高齢者を対象とした、被災地への日帰り出張レクレーション
(2) 盲ろう者のための「通訳・介助者」の養成研修事業
(3) お年寄りが運営する駄菓子屋
(4) 園芸福祉活動で生きがいづくり
(5) 視覚に障害のある人とボランティアの手づくりコンサート


▼対象事業者
地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO
(法人格の有無は不問)


▼問合せ先
「公益財団法人太陽生命厚生財団」
http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 三井物産環境基金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
地球環境問題の解決と持続可能な社会の構築に貢献する事業、および東日本
大震災の復興への取り組みにも助成します。


▼受給額
1件あたりの上限なし


▼対象事業
(1) 地球環境
  自然の変化をモニタリングし、その結果に基づく必要な警鐘と対応に
  つながる活動
(2) 資源循環
  資源の効果的管理および活用につながる活動
(3) 生態系・共生社会
  生態系サービスの保全と利用、並びに生態系と人間が共存するための
  調整につながる活動
(4) 人間と社会のつながり
  環境問題を基盤にした、人と社会の関係の再構築に繋がる活動


▼受給具体例
(1) どんぐりポット苗育成・植樹ボランティア活動
(2) 奥多摩の森林保全、緑化活動
(3) 宮城県の豊かな森林・自然環境を守り育てる保全共生啓発活動
(4) 中小企業の環境と社会的責任に関する意識調査
(5) 富士山環境ごみマップ作成


▼対象団体
NPO法人、公益法人、特例民法法人、大学、高等専門学校で活動実績が
3年以上の団体
(ただし実績が3年以上あれば、法人格取得後3年未満でも可)
復興案件は3年未満でも可。


▼問合せ先
「三井物産株式会社環境基金」
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/fund/


▼詳細
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/fund/application/recruitment2014_1.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 戦略的基盤技術高度化支援事業(補助金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
中小企業庁では、精密加工、立体造形等の特定ものづくり基盤技術の向上につ
ながる研究開発、その事業化に向けた取組を支援することを目的に、中小企業
・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につな
がる可能性の高い研究開発、試作品開発等及び販路開拓への取組を一貫して
支援します。


「中小企業庁」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2014/0410SenryakuKoubo.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 地域商店街活性化事業(助成金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
商店街組織が地域コミュニティの担い手として行う、集客促進、需要喚起に効果の
ある取組であって、商店街等の恒常的な集客力向上や販売力向上が見込まれる
イベント等の事業を支援します。


「全国商店街振興組合連合会」
http://www.syoutengai.or.jp/chiiki/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 消費税の転嫁拒否等に関する大規模な調査を開始
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
中小企業庁は公正取引委員会と合同で、中小企業・小規模事業者等(商品・
役務(サービス)の売手側)が、取引先事業者(買手事業者)から消費税の転嫁
拒否等の法律上問題となる行為を受けていないか把握し、問題となる行為の
是正につなげるため、調査を実施します。
本調査は4月以降、中小企業・小規模事業者全体に対して広く実施します。
また、大規模小売事業者及び大企業等(資本金1億円以上の買手側事業者)
約4万事業者に対し、取引先事業者に対して消費税の転嫁拒否等の行為を行っ
ていないかを把握するため、回答義務を課した上で、書面調査を実施します。


「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/press/2014/04/20140424004/20140424006.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 メールアドレス、メールデータの引越し  Xp→Win7
―――――――――――――――――――――――――――――――――

Windows Xp のサポート終了に伴い、仕方なくWindows7や8に乗り換えた方も
多いと思います。長年使っていたパソコンには様々なデータが蓄積されており
その引越し作業も大変です。
メールアドレスやメールデータも、普段なかなかバックアップもとらないと
思いますが、Xpと一緒に捨ててしまうわけにもいきませんから、アドレスと
データの引越しが必要です。

下記サイトでは、一般的に使われていると思われる、Outlook Express から、
Windows Liveメールへのデータの引越し手順が分かりやすく図解されています。


「エプソン ダイレクト ユーザーサポート」
http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/qadoc?QID=029094



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 「お気に入り」の引越し
―――――――――――――――――――――――――――――――――

メールアドレス、メールデータと同様に「お気に入り」も引越ししましょう。
Internet Explorer の場合、下記の手順でまとめて引越しすることができます。


「エプソン ダイレクト ユーザーサポート」
http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=029456



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 2014年版 情報セキュリティ10大脅威
―――――――――――――――――――――――――――――――――

本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名
から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10
を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。

TOP10
(1) 標的型メールを用いた組織へのスパイ・諜報活動
(2) 不正ログイン・不正利用
(3) ウェブサイトの改ざん
(4) ウェブサービスからのユーザー情報の漏えい
(5) オンラインバンキングからの不正送金
(6) 悪意あるスマートフォンアプリ
(7) SNS への軽率な情報公開
(8) 紛失や設定不備による情報漏えい
(9) ウイルスを使った詐欺・恐喝
(10) サービス妨害


「独立行政法人 情報処理推進機構」
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2014.html
カテゴリ:経営情報 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0)
助成金情報
 お世話様になります。
ドラフト労務管理事務所 です。
http://www.draft-sr.com/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 職場意識改善助成金
A-2 地域雇用開発奨励金

■ 財団法人助成金情報
B-1 高齢社会助成
B-2 平成26年度研究開発助成金

■ 経営お役立ち情報
C-1 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(補助金)
C-2 グローバルニッチ トップ企業100選
C-3 海外展示会出展の落とし穴(知的財産の流出リスクとその対策)

■ IT関連情報
D-1 ホームページが見たとおりに印刷されない
D-2 ショートカットキーを使ってみましょう!
D-3 五月病対策VAVI

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 職場意識改善助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
労働時間等の設定の改善により、職場意識の向上を図る中小企業事業主が
受給できます。
「労働時間等の設定の改善」とは、各事業場における労働時間、年次有給休暇
などに関する事項についての規定を、労働者の生活と健康に配慮するととも
に多様な働き方に対応して、より良いものとしていくことをいいます。


▼受給額
53万円〜80万円


▼主な受給要件
(1) 労働者災害補償保険の適用事業主であること
(2) 中小事業主であること
(3) 労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が9日未満、または月間平均
  所定外労働時間数が10時間以上であること
(4) 労働時間等の設定の改善を目的とした職場における意識の改善、または
  労働時間管理の適正化に積極的に取組む意欲があり成果が期待できること


▼対象となる取組
・ 労務管理担当者に対する研修
・ 労働者に対する研修、周知・啓発
・ 外部専門家によるコンサルティング(社会保険労務士、中小企業診断士など)
・ 就業規則・労使協定等の作成・変更(計画的付与制度の導入など)
・ 労務管理用ソフトウェア
・ 労務管理用機器の導入・更新
・ デジタル式運行記録器の導入・更新(デジタコ)
・ テレワーク用通信機器の導入・更新
・ 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新(拡充)


▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/index.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisiki.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 地域雇用開発奨励金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
同意雇用開発促進地域や過疎等雇用改善地域など、雇用機会が特に不足して
いる地域の事業主が、事業所の設置・整備を行い、併せてその地域に居住
する求職者等を雇い入れる場合、設置整備費用及び対象労働者の増加数に
応じて受給できます。


▼受給額
50万円〜800万円
(事業所の設置・整備に要した費用及び雇用労働者数に応じて)


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業の事業主であること。
(2) 当該地域に居住する求職者等を3人以上雇用すること。
  (創業の場合2人以上)
(3) 施設の設置、整備に300万円以上かけていること。


▼同意雇用開発促進地域・過疎等雇用改善地域とは
同意雇用開発促進地域は都道府県が策定し、厚生労働大臣が同意した地域
雇用開発計画に定められた雇用開発促進地域の区域です。
過疎等雇用改善地域は厚生労働大臣が指定する地域です。


▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/chiiki_koyou.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 高齢社会助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
次の3つの分野に関する活動・研究に対して助成を行います。
(1) いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくりの推進
(2) 高齢者の生きがい・自己実現・就業支援
(3) 認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり


▼受給額
100万円〜200万円


▼受給具体例
(1) 限界集落“じいちゃん、ばあちゃん、ここで居れるでョ”応援事業
(2) 空き店舗を活用した高齢者のたまり場、働く場
(3) 尊厳に満ちる町でかけがえのないあなたの最期を
(4) 高齢者交流「おたっしゃサロン」の出前方式での展開
(5) ひとりでも介護が必要でも安心して暮らせるまちづくり


▼問合せ先
「財団法人日本生命財団」
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 平成26年度研究開発助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
原則として、設立または創業後5年以内もしくは新規事業開始後5年以内の
中小企業または個人事業者が行う、新技術・新製品等の研究開発に対し、助成
金を交付するものです。


▼受給額
次のいずれか少ないほうの額
・1プロジェクト 300万円以内
・研究開発対象費用の1/2 以下


▼対象事業
技術水準から見て新規性のある機械、システム、製品等の開発で、原則として
2年以内に事業化が可能なもの。


▼問合せ先・詳細
「財団法人三菱UFJ技術育成財団」
http://www.mutech.or.jp/whatsnew/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(補助金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
「中小企業団体中央会」では、革新的なものづくり・サービスの提供などに
チャレンジする中小企業・小規模事業者に対し、地方産業競争力協議会とも
連携しつつ、試作品開発・設備投資などを支援します。
(1) 成長分野型 → 上限1,500万円
(2) 一般型 → 上限1,000万円
(3) 小規模事業者型 → 上限700万円


「中小企業団体中央会」
http://www.chuokai.or.jp/josei/25mh/koubo20140217.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 グローバルニッチ トップ企業100選
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
経済産業省は、国際市場の開拓に取り組んでいる企業のうち、ニッチ分野
において高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業を「グローバル
ニッチトップ企業100選」として、以下に着目して選定しました。
(1) 世界シェアと利益の両立
(2) 独創性と自立性
(3) 代替リスクへの対処
(4) 世界シェアの持続性等

下記サイトには、選定された企業の製品・サービスとその内容、強みの理由
等の概要も紹介されています。


「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/press/2013/03/20140317002/20140317002.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 海外展示会出展の落とし穴(知的財産の流出リスクとその対策)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
展示会は、海外ビジネスの手始めとして、よく使われる手段の一つであり、
販路開拓等に非常に有効な手段の一つですが、専門家の間で、不用意な出展
が知財流出や模倣被害のきっかけとなってしまっているとの指摘もあります。
この冊子は経済産業省近畿経済産業局で作成され、展示会の準備段階から、
出展時に起きうるリスクについて、具体的に対策を検討できる画期的な内容と
なっています。

「経済産業省 近畿経済産業局」
http://www.kansai.meti.go.jp/2kokuji/chizai2013/tenzikainootoshiana.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 ホームページが見たとおりに印刷されない
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ホームページが見たとおりに印刷されないことがありますが、その場合は以下
のような対処をしてみてください。

(1) 「ページ設定」画面で印刷の向きを「横」にする。
(2) キーボードの Print Screen で画面をコピーしてエクセル等に貼付ける。
(3) ブラウザをヴァージョンアップしてみる。
(4) 別のブラウザ(Firefox等)を使ってみる。

ホームページの印刷専用ソフトもあります。
下記サイトで「ホームページ印刷」で検索すると、有料・無料のソフトが
探せます。

http://www.vector.co.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 ショートカットキーを使ってみましょう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ショートカットキーとは、画面のメニューからマウスで選択して実行している操作を
キーボードのキー操作で実行する機能です。Windowsの場合、AltキーやCtrlキー
を押しながら他のキーを押すという操作になります。
いくつか覚えておくと結構作業効率が上がります。

例えば
Ctrl + C → コピー
Ctrl + V → 貼り付け
Ctrl + Z → 元に戻す
Ctrl + X → 切り取り

「マイクロソフト」
http://www.microsoft.com/ja-jp/enable/products/keyboard/default.aspx



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 五月病対策VAVI
―――――――――――――――――――――――――――――――――

五月病は4月に進学した学生や入社・異動した社会人に、ゴールデンウイーク
明け頃になると現われる精神的な不安定状態の総称です。環境の変化に適応
できないことに起因する症状といわれますが、なんとかうまくコントロールして
乗り切ってほしいものです。
このサイトでは、五月病の予防や対策が掲載されています。

http://www.medamicus.com/
カテゴリ:経営情報 | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0)
経営情報
 お世話様になります。
ドラフト労務管理事務所 です。
http://www.draft-sr.com/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 職場意識改善助成金(テレワークコース)
A-2 教育訓練給付制度

■ 財団法人助成金情報
B-1 老後を豊かにするボランティア活動
B-2 トヨタ環境活動助成プログラム

■ 経営お役立ち情報
C-1 海外展開のためのF/S支援事業(補助金)
C-2 新陳代謝型設備投資促進事業(補助金)
C-3 取引環境改善型需要開拓支援事業(補助金)

■ IT関連情報
D-1 ステルスマーケティングとは
D-2 クラウドセキュリティガイドライン活用ガイドブック
D-3 企業の教育支援プログラム

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 職場意識改善助成金(テレワークコース)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
職場意識改善助成金は、労働時間等の設定の改善により職場意識の向上に
取り組む中小企業事業主に対して、その実施費用の一部を助成する制度で、
現在は労働者に対する研修や専門家による指導、就業規則等の見直しなどを
対象とする「職場意識改善コース」と、労務管理のための機器やソフトウェア等
の導入を対象とする「労働時間管理適正化コース」の二つが設けられています。
今回の改正は、週1回以上、終日在宅でテレワークを導入する企業に対し、導入
経費等の一部を助成する「テレワークコース」を新設するものです。
改正施行は本年4月1日の予定です。


▼受給額
導入経費×1/2


▼主な受給要件
週1回以上終日在宅でテレワークを導入すること


▼助成対象
・テレワーク導入経費・テレワーク運用経費(事業実施計画期間中に限る)
・導入のためのコンサルタント費用など


▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/index.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11301000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Keikakuka/0000038338.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 教育訓練給付制度
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
教育訓練給付制度は、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣
が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に
支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。


▼受給額
4千円を超える教育訓練経費×20%(限度10万円)


▼主な受給要件
雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方


▼問合せ先
「中央職業能力開発協会」
http://www.javada.or.jp/


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/kyouiku/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 老後を豊かにするボランティア活動
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
地域に根ざした高齢者のためのボランティア活動に助成します。
活動実績が2年以上あり、10人〜50人程度のグループが対象です。


▼受給額
1グループ10万円


▼助成対象内容
(1) 食事サービス、健康づくり、友愛訪問等の生活援助活動に必要な機材等
(2) 高齢者宅の除雪作業活動、家屋の修理活動、植木の手入等に必要な用具等
(3) レクリエーション等の活動に必要な用具・機材・楽器等
(4) 伝統芸能継承等の活動に必要な用具・機材等


▼助成対象とならないグループ
(1) 本助成を過去3年以内に受けたことのあるグループ。
(2) 老人クラブ。
(3) 社団法人、財団法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人(NPO法人)等
  の法人格を有する団体。


▼問合せ先・詳細
「財団法人みずほ教育福祉財団」
http://www.mizuho-ewf.or.jp/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 トヨタ環境活動助成プログラム
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
環境保全のための次の世代を担う人材の育成と、環境問題の解決を目指す
民間非営利団体等が実施するプロジェクトを助成します。


▼受給額
上限300万円(プロジェクト1件あたり)


▼受給例
(1) 佐渡トキのふる里環境整備
(2) 都会における自然環境再生プロジェクト
(3) 里山ボランティアリーダー育成事業
(4) 園舎を持たない野外型保育の実践
(5) 棚田を未来につなぐために


▼問合せ先・詳細
「トヨタ環境活動助成プログラム」
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/social_contribution/environment/ecogrant/index.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 海外展開のためのF/S支援事業(補助金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
F/S(フィージビリティ・スタディ)とは、新規事業への参入、新商品の販売等を
検討する際に、自社で計画した事業等が実現可能か、実施することで投資採算
が取れるか、などを多角的に調査することです。
本事業では中小企業が主体的に実施するF/S調査について、海外経験が豊富な
専門家の経験と知見等を活用し、海外展開に係る必要な支援を実施すると共に、
必要経費のうちの2/3について中小機構が負担します。


「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 新陳代謝型設備投資促進事業(補助金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
新陳代謝型設備投資促進事業は、老朽化設備を更新・増強したい中小企業・
小規模事業者の方への補助金です。
全国中小企業団体中央会では、金融機関から借入を行い耐用年数を超過した
設備を入れ替える大規模投資(総資産の15%を超える設備投資)を行う場合に、
借入額の1%相当額を上限に補助する事業の公募を開始しました。


「全国中小企業団体中央会」
http://www.chuokai.or.jp/shinchin.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 取引環境改善型需要開拓支援事業(補助金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
中小企業庁では、取引先事業所の閉鎖・縮小により売上減少が見込まれる
中小企業・小規模事業者が実施する、新たな取引先を開拓するために必要な
市場調査や試作開発及び事業実施に必要な設備投資等に要する経費の一部
を補助する事業の公募を開始しました。


「中小企業庁」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2014/140314torihiki.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 ステルスマーケティングとは
―――――――――――――――――――――――――――――――――

どのような業界でもクチコミの効果は絶大で、インターネット上での見知らぬ人の
評価、例えば、ショッピングサイトのユーザー評価、個人ブログの体験記、口コミ
情報サイト、などを参考にしてしまうことはあると思います。
この消費者心理を企業の宣伝に利用するのがステルスマーケティングです。
ステルス(Stealth)は「隠密、こっそり」などの意味で、消費者に広告だとばれない
ように広告することがステルスマーケティングです。
自社に都合によい書き込みをさせるという意味では、「サクラ」や「やらせ」の類
でしょうか。
フェイスブックの「いいね!」も、それを水増しするサービスがあり、海外にその
量産工場があるようです。

これらの書き込みの真偽を判断するのはなかなか難しいと思いますので、とり
あえずネット上の書き込みは、鵜呑みにしないように注意しましょう。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 クラウドセキュリティガイドライン活用ガイドブック
―――――――――――――――――――――――――――――――――

クラウドサービスの本格的な普及が進む一方、国内外のサービスで 大規模な
障害や障害対応過程での情報漏えいの発生等、リスクが顕在化した事例が見受
けられるようにもなりました。
クラウドサービスを取り巻くこうした環境の変化を踏まえ、クラウドセキュリティ
ガイドラインが広く利用されることを期待して、活用ガイドブックを作成しました。
本ガイドラインに併せ、活用ガイドブックを利用することで、安心してクラウド
サービスを利用できる環境の整備に貢献することを目指します。


「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/press/2013/03/20140314004/20140314004.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 企業の教育支援プログラム
―――――――――――――――――――――――――――――――――

このサイトは、企業が小中学校等における出前授業や、企業施設(工場、研究所
等)における科学技術体験型授業等の実施を通じて、学校教育に直接関わり、
「理科好き」の子どもが育つ環境づくりや、子どもたちに働くことの意義を伝える
ため、会員企業が実施している教育支援プログラムを紹介しています。


「経団連」
http://www.keidanren.or.jp/japanese/profile/kyoiku/index.html


カテゴリ:経営情報 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0)
助成金情報
 お世話様になります。
ドラフト労務管理事務所 です。
http://www.draft-sr.com/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 事業所内保育施設設置・運営等支援助成金
A-2 子育て期短時間勤務支援助成金

■ 財団法人助成金情報
B-1 赤い羽根共同募金
B-2 藤本倫子環境保全活動助成基金

■ 経営お役立ち情報
C-1 創業者(第二創業含む)補助金
C-2 小規模事業者持続化補助金
C-3 ビジネスマナーを教える・覚える

■ IT関連情報
D-1 ショールーミング
D-2 インターネットエクスプローラーのダウングレード
D-3 団体旅行ナビ

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 事業所内保育施設設置・運営等支援助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
労働者のための保育施設を事業所内(労働者の通勤経路又はその近接地域を
含む)に設置、増築等を行う事業主・事業主団体が、その費用の一部を受給
できます。また、保育遊具等購入費用の一部についても受給できます。


▼受給額
・設置費×2/3 (限度額2300万円)
・増築費(増築)×1/2(限度額1150万円)
・増築費(建替え)×1/2(限度額2300万円)
・保育遊具等購入費−10万円(限度額40万円)
・運営費についても、運営の形態及び人数に応じて数百万円が助成されます。


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業主または事業主団体
(2) 「育児・介護休業法」を遵守した労働協約又は就業規則を定め実施し
  ていること
(3) 「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画を作成・
  公表していること


▼問合せ先
「労働局雇用均等局」
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/19a.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 子育て期短時間勤務支援助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
子育て期における短時間勤務制度を導入し、労働者に当該制度を利用させた
事業主が受給できます。


▼受給額
1人目 → 40万円
2人目以後 → 15万円

1企業当たり述べ10人まで(小規模事業主は5人まで)


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業主であること
(2) 短時間勤務を労働協約又は就業規則に定め実施していること
(3) 小学校3年生以下の子を養育する労働者に、短時間勤務制度を連続6ヶ月
  以上利用させたこと。


▼短時間勤務制度とは
(1) 1日の所定労働時間を短縮する制度
(2) 週又は月の所定労働時間を短縮する制度
(3) 週又は月の所定労働日数を短縮する制度


▼問合せ先
「都道府県労働局」
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/index.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/ryouritsu01/dl/kosodate_tanjikanP6-10.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 赤い羽根共同募金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
みなさんご存知の「赤い羽根共同募金」ですが、寄付するだけではなく助成
事業も行っています。種類が多いので詳しくはサイトをご覧ください。


▼受給具体例
(1) 定年後のお父さんの自立生活を応援する「男性料理教室」
(2) 手話ボランティアを育てるためのビデオ購入
(3) 悩みや不安を抱える子ども達のフリースクール運営
(4) 母子・父子家庭のレクリエーション活動
(5) ボランティア団体の行事に役立つテント


▼助成対象者
(1) 主として社会福祉協議会
(2) 社会福祉を目的とする団体・ボランティア団体
(3) 福祉施設(新・改築,設備の整備や事業)


▼問合せ先・詳細
赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/howtouse/josei/josei01.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 藤本倫子環境保全活動助成基金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
こども達(小学生・中学生)が興味を持って自主的に取り組む、身の回りの
自然の調査・観察や、地域の環境を良くしようとする活動、環境についての
学習などに対して助成しています。


▼受給額
上限 10万円


▼受給例
(1) 子ども向け「琵琶湖・淀川水系のおさかな図録」作成と配布
(2) ゴミ原料実践活動
(3) 植物性廃食油の有効活用の仕組みづくり
(4) 「環境しつけ」普及プロジェクト 〜廃棄物編〜
(5) 日本メダカの保護と環境教育活動


▼問合せ先・詳細
「公益財団法人日本環境協会」
http://www.jeas.or.jp/activ/prom_01_00.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 創業者(第二創業含む)補助金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

この補助金は、地域の需要や雇用を支える事業や、海外市場の獲得を念頭と
した事業を日本国内において興す起業・創業を行う者、あるいは既に事業を
営んでいる中小企業・小規模事業者・特定非営利活動法人において後継者が
先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する
「第二創業」を行う者に対して助成されます。


「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 小規模事業者持続化補助金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

商工会・商工会議所では、持続的な経営に向けた経営計画に基づき小規模
事業者が、取り組む地道な販路開拓などを支援する事業の公募を開始しました。

補助対象となる取組例

(1) 新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
(2) 幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化
(3) 新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展
(4) 新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新


「日本商工会議所」
http://www.jizokukahojokin.info/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 ビジネスマナーを教える・覚える
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
新入社員に対して「そんなことは常識だろう」と言いたい先輩方の心情は理解
できますが、基本的なビジネスマナーをいちいち教えるのは大変です。
このサイトでは下記のようなことをイラスト入りで解説しており、楽しく学べ
ますし、新入社員でなくても参考になります。

・ 正しい敬語
・ 電話応対のマナー
・ 報告書の書き方
・ 名刺交換の仕方
・ お茶の出し方
・ 「報・連・相」について
・ 挨拶・おじぎの仕方
・ ネクタイの結び方
・ 乗り物の上座下座
・ 香水のつけ方   等々


「株式会社デジタルセンス」  
http://www.digi-sen.com/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 ショールーミング
―――――――――――――――――――――――――――――――――

インターネット通販の普及で小売業の実店舗での売上が減少しているようです。
これには実店舗をショールームとして利用する「ショールーミング」という購買
形態が影響しているようです。
商品の購入を検討する際に、実店舗で現物を確認し、店員から説明を聞き、
購入はインターネットで一番安く買えるところを探してそこから買うという行動
で、店員の目の前でスマホで検索し価格交渉をする強者もいるようです。
大手小売業でもショールーミング対策には悩んでいる状態ですから、中小の
小売業にとっては頭の痛い問題だと思います。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 インターネットエクスプローラーのダウングレード
―――――――――――――――――――――――――――――――――

インターネットエクスプローラーは放っておくと自動更新されるようになっていて、
それはそれで便利なのですが、電子入札や電子申請、銀行の処理等を行う
場合、最新ヴァージョンでは不具合のでることがあります。
そのような時はダウングレードをして対処しましょう。
通常はインターネットエクスプローラーをアンインストールして再起動すると以前の
ヴァージョンに戻りますが、できればヴァージョンを調べてダウングレードの方法を
確認をしてからにしましょう。


ヴァージョン確認と自動アップグレードの無効
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/which-version-am-i-using#ie=ie-11-win-7

インストール(アンインストール)
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/install-ie#ie=ie-11-win-7



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 団体旅行ナビ
―――――――――――――――――――――――――――――――――

桜前線も徐々に北上する季節になり旅行シーズンですね。
このサイトでは、法人・個人を問わず4人以上のグループ旅行であれば、複数の
旅行会社に一括で見積依頼ができます。気の合う仲間での旅行、職場の旅行、
サークルやゼミの合宿にも利用できるようです。


http://www.dantai-ryokou.com/
カテゴリ:経営情報 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0)
助成金・補助金
 お世話様になります。
ドラフト労務管理事務所 です。
http://www.draft-sr.com/


今回は以下のような情報をお届けします。

――――目次―――――――――――――――――――――――――――

■ 雇用助成金情報
A-1 障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)
A-2 重度中途障害者等職場適応助成金

■ 財団法人助成金情報
B-1 サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成
B-2 シニアボランティア活動助成

■ 経営お役立ち情報
C-1 「商店街まちづくり事業」に補助金がでます
C-2 「知的財産権活用企業事例集2014」が公表されました
C-3 3Dプリンタから生まれる今後のものづくりのあり方

■ IT関連情報
D-1 知らない間に情報を外部に漏らしていませんか?
D-2 みんなで選ぶ「サラリーマン川柳ベスト10」 投票受付中
D-3 ふんばろう東日本支援プロジェクト

―――――――――――――――――――――――――――――――――

助成金は融資とは異なり、返済不要のお金をもらうことができますから上手に
利用しましょう。「雇用助成金」は支給条件に合致すれば受給できるもので、
社会保険労務士が申請代行をしています。
「財団法人助成金」は、ボランティア活動や社会福祉活動をしている団体
(NPO)等に支給され、財団の審査に合格した場合に受給できます。



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-1 障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
障害者雇用の経験のない中小企業(障害者の雇用義務制度の対象企業)が初
めて身体障害者、知的障害者または精神障害者を雇用し、法定雇用率を達成
した場合に受給できます。


▼受給額
120万円


▼主な受給要件
(1) 雇用保険の適用事業の事業主であること。
(2) 常用労働者数が50人〜300人の中小企業であること。
(3) 対象となる障害者を雇うこと


▼障害者の雇用義務
民間企業、国、地方公共団体は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に
基づき、その割合(法定雇用率)に相当する雇用義務数以上の障害者を雇用
しなければならないこととされています。


▼問合せ先
「ハローワーク」
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


▼詳細説明サイト
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/shougai_shokai.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
A-2 重度中途障害者等職場適応助成金
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
中途障害者の職場復帰のために、必要な適応処置をした事業主が受給できます。


▼受給額
支給対象障害者 → 3万円/月 × 人数
短時間労働者  → 2万円/月 × 人数


▼主な受給要件
(1) 作業の開発・改善・作業工程の変更等を行うこと。
(2) 知識や技能等の向上を図ること。
(3) 勤務時間の配慮、通勤を容易にするための配慮などをすること。


▼中途障害者とは
雇用された後に、身体障害者及び精神障害者となった者で職場復帰を行う者。


▼支給対象障害者
(1) 中途障害者である重度身体障害者または精神障害者
(2) 45歳以上の中途障害者である身体障害者
(3) 上記の障害者である在宅勤務者


▼問合せ先
「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」
http://www.jeed.or.jp/location/ks/index.html


▼詳細説明サイト(PDF)
http://www.jeed.or.jp/disability/subsidy/download/sub01_care_03-01.pdf



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1 サラリーマン(ウーマン)ボランティア活動助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
日ごろは会社などに勤務しながら、休日などを利用して「高齢者・障害者の福祉や
こどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」を行なっている方々の活動に
対して助成しています。


▼受給額
1件 20万円以内


▼受給具体例
(1) アートをとおして自己表現する「場」の提供として絵てがみ教室
(2) 障害児や健常児へのおもちゃ遊びやおもちゃの貸し出し
(3) 子どもたちと大工さんの木を使ったものづくり
(4) 落書き消去活動
(5) 地域との連携で、たんぼにおえかき


▼対象者
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとする
サラリーマン(ウーマン)の個人もしくはそのグループ。


▼問合せ先・詳細
財団法人大同生命厚生事業団
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/volunteer/index.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
B-2 シニアボランティア活動助成
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要
「高齢者・障害者の福祉やこどもの健全な心を育てる交流のボランティア活動」
を行なっている年齢60歳以上の方々の活動に対して助成します。


▼受給額
1件 20万円以内


▼対象活動例
(1) 老人健康施設で皆様と一緒に唄う会
(2) 公園等における三世代交流の場をもうける
(3) 高齢者と子供達との交流活動
(4) 手作りのお弁当を手渡しで届ける配食サービス
(5) 精神障害者の方の社会復帰サポート


▼対象事業者
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとする
年齢60歳以上の個人もしくはそのグループ。


▼問合せ先
財団法人大同生命厚生事業団
http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/senior-volunteer/index.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-1 「商店街まちづくり事業」に補助金がでます
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

本事業は、商店街振興組合等が地域の行政機関等からの要請に基づき実施
する、地域住民の安心・安全な生活環境を守るための施設・設備等の整備等
を支援することにより、高齢社会が進展する中、安心・安全に配慮した身近で
快適な商店街づくりを目指すことを目的とするものです。
補助対象は、商店街組織が地域住民の安心・安全な生活環境を守るための
施設・設備等の整備に対する事業で、子育て支援施設、高齢者向け御用聞き
型宅配サービス施設、除雪対策設備の整備も対象となります。


「中小企業庁」
http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2014/140221SyoMachi.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-2 「知的財産権活用企業事例集2014」が公表されました
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

我が国の中小企業の中には、創意工夫を凝らした技術やデザイン、ブランドを
知的財産権として保護・活用し、業界ナンバーワンシェアの獲得や成長著しい
アジアを始めとする海外市場へ展開している中小企業が多数存在しています。
特許庁では、このような知恵と知的財産権を武器に活躍している中小企業の
取組を広く紹介し、多くの中小企業において自己の事業に生かしてもらえる
よう「知的財産権活用企業事例集2014」を発刊しました。


「特許庁」
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/chushou/kigyou_jireii2014.htm



―――――――――――――――――――――――――――――――――
C-3 3Dプリンタから生まれる今後のものづくりのあり方
―――――――――――――――――――――――――――――――――

▼概要

近年、「3Dプリンタ」が急速に注目を集めています。その本質はプリンタそのもの
ではなく、「デジタルデータから直接様々な造形物を作り出す」ことで、デジタル
製造技術の発展を一気に加速する点にあります。
経済産業省では、3Dプリンタが生み出す付加価値と、今後のものづくりの方向性
を考察した「新ものづくり研究会」の報告書を公表しました。


「経済産業省」
http://www.meti.go.jp/press/2013/02/20140221001/20140221001.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-1 知らない間に情報を外部に漏らしていませんか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ウェブメール、スケジュールなど、インターネットを利用した様々なサービスが
ありますが、多くの利用者はそれがクラウドサービスだと意識していません。
「意識せず使っている」クラウドサービスの一つに、日本語変換を司る日本語
IME(アイエムイー)があります。この中には、変換候補を効率的に得るための
「クラウド変換機能」などと呼ばれている機能をもつものがあります。
もし、利用者が「クラウド変換機能」の設定状態を把握しないままで使っている
と、外部に出してはいけない情報を、キー入力内容として外部に送信している
可能性があります。注意しましょう。


「独立行政法人 情報処理推進機構」
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2014/02outline.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-2 ふんばろう東日本支援プロジェクト
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ふんばろう東日本支援プロジェクトは、2011年3月11日の東日本大震災を機に
4月1日に立ち上がった被災地支援のボランティア組織です。
仙台市出身で、自らの親族も被災した早稲田大学院(MBA)専任講師の西條
剛央氏が、宮城県南三陸町に入り、被害の規模の大きさや物資が不足している
現場を目の当たりにしたことをきっかけに、ボランティアでの物資支援活動を
開始したことから始まりました。
現在も裾野を広げて息の長い活動を続けています。


http://fumbaro.org/



―――――――――――――――――――――――――――――――――
D-3 みんなで選ぶ「サラリーマン川柳ベスト10」 投票受付中
―――――――――――――――――――――――――――――――――

サラリーマン川柳は、相変わらずニヤリとさせられます。
現在、傑作100選の中からベスト10を選ぶ投票を受け付けています。


「第一生命」
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html
カテゴリ:経営情報 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/5PAGES | >>